記事一覧

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

初物尽くし

さてさて、気分が乗ってる時に書かないと次の更新が数ヶ月後になる可能性もあるので。

私がフォーマル女装と言う、特殊な性癖に目覚めた経緯?でもつらつらと。

私自身、小学校お受験をし都内の某私立小学校に通っておりました。

小学校お受験と言うのは基本的に中高大学受験と違い、ある種独自の文化と言うものが存在します。合否に関して親の占めるウェイトが他よりも遥かに大きいからなのでしょうか?

まず、小学校お受験に先立ち「幼児教室」と呼ばれる塾に入りますが、お母様方はこの教室を「お教室」と呼びます。もう、この呼び方だけで私は興奮してしまいます^^;

このお教室も服装はお母様方は紺の所謂「お受験スーツ」を着用してます。きっかけは覚えていませんが、私はお教室に見学(お母様方はレッスンを受ける子供達の様子を後ろで監視元へ見学します)に来たりお迎えに来るお受験スーツ姿のお母様に密かに興味がありました。恐らくこの頃から親に刷り込まれていた「お受験する子は普通の子とは違う」「レベルの高い家庭」と言う事を特別な事として認識していたのかも?兎に角、オナニーすら知らない幼児でしたが、お上品な立ち振る舞い言葉使いシンプルでありながら清楚なお受験スーツに釘付けでした。(これが親にとってのお受験対策の一環だと知ったのは、ずっとあとの話)

お受験の間は後年に渡って私のトラウマと親による洗脳がありましたが、なんとか志望校に「ご縁」(小学校お受験では「合格」とは言いません)を頂く事が出来ました。

かくして、毎日の電車通学と聖書のお勉強、制服がある以外は恐らく極普通の小学生と変わらぬ日々を過ごし、あの魅力的であったお受験ママ達の事も忘れていました。
極普通の小学生と変わらぬと言う事は「性」と言うか「エロ」にも目覚める訳で、5年生頃から日常の中で悶々とする事が多くなって来ました。
最初はデパートの写真スタジオのチラシなどで七五三や卒入学式の女の子を見て「着てみたい」と思ってましたが(その頃から女装願望があったみたいです^^;)、段々と対象が一緒に写っていたフォーマルスーツ姿のお母様方へ…。女の子の七五三や卒入学式のフォーマルスーツは着れませんが、「お母様方のフォーマルスーツならママのスーツがある」と思い着てみたいと言う想いはドンドンと強くなっていきました。
しかし、母は常にいる為、実行へ移す事が出来ずにいたある日、母が旅行だったか何かで1日家を空けると言うではありませんか。その日は朝から「フォーマルスーツが着れる」と興奮しっぱなし。学校でもその事ばかりで制服のズボンの下で1日中大きくなっていました。
そして、家へ帰ると一目散で母の部屋のクローゼットを開け、振るえる手で1着のスーツを手に取りました。それは母が私の小学校お受験で着た紺のお受験スーツ。

私の中でお教室へ通っていた時に釘付けになっていたお受験ママ達の姿を思い出されました。

全裸になり、紺のワンピースに袖を通すと全身にツルツルとした上品な裏地の感触が伝わり、私のオチンチンは今までに無い位に勃起し、ワンピースの下腹部を押し上げていました。何かが来そうな感覚、何かはわかりませんが身体の中から押し寄せてくる感覚に耐えながら、紺のジャケットを着ると鏡を見ました。

そこには男子小学生である自分がお教室で見たお受験ママ達と同じお受験スーツを着た姿が写っていました。その瞬間、今まで耐えていた身体の中から押し寄せてくる何かが突然溢れ出てしまいました。初めての射精。ワンピースの面にまで染み出した今まで見た事の無い液体と今までに感じた事の無い快感で、私はその場でヘタり込んでしまいました。興奮と恐さの中で顔を上げると、そこには鏡に写ったお受験スーツ姿の自分。身体は正直でまた私のオチンチンはムクムクと大きくなって来ました。しかし、今度は冷静さを保ち、立ち上がるとドレッサーに置かれた母のジュエリーボックスの蓋を開けました。
お教室で見たお受験ママ達が身に付けていたパールのネックレス…私はこれがどうしても付けたくて仕方なかったのです。ネックレスを付けると、クローゼットを捜し、母が説明会や親子面接で持っていた革のハンドバッグを見つけ、再度鏡に向かいました。

「お受験ママになってる…」

当時からどこかスーパーなどで見る近所の母親達とは違う、上品で清楚な装いのお母様方と同じ格好をした自分。

自然と手はワンピースの裾を捲り上げ、勃起したオチンチンを露出させていました。

「お受験ママには無いのに…」

片手でワンピースの裾を捲りら片手でオチンチンを一心不乱にシゴきました。誰に教わった訳でも無いのに自然と身体は動き、完璧なお受験ママの装いのまま2度目の絶頂を迎えました。

このあと、何度かの絶頂を迎えその日は終わりましたが、その日から「お受験」「お受験スーツ」「パールのネックレス」「お受験ママ」と言う言葉に性的な興奮を覚えてしまい、兎に角、雑誌やテレビ、チラシなどにお受験スーツを見ると自分が着ている事を想像し、あの日の女装を思い出しながらオナニーする日々となりました。


以上が私の初女装、初射精のお話でした。



スポンサーサイト

コメント

No title

あけましておめでとうございます。

新年から興奮するお話ありがとうございます。
お教室からお母様方は紺のスーツを着用するのですね。
わたしも、いつフェチな対象として興味を持ったのか分からないですが
チラシやテレビでフォーマルな衣装を見たらいつも興奮していました。
フォーマルとか礼装、ドレスや着物といった言葉にすら興奮するとかすごく分かります。

お母様のお受験スーツを汚してしまって、その後どうなったか気になります。
家に誰もいなくなるときってすごくドキドキしましたね。自分を見ているようでした(笑)

またフォーマルな女装話聞かせてくださいね。

とわこ様

コメントありがとうございます。

お教室でもお母様方は紺のスーツの方が多いですね、お子様方は男の子なら白のシャツに紺の半ズボン、女の子は白のブラウスに紺のジャンパースカートなどです。

私もオ〇ニーを覚えてからは、フォーマルなお洋服が載ったチラシや雑誌などは密かに収集し、オカズにしてました。

必死にティッシュで拭き取ったかと^^;
実は汚してしまった後の記憶は曖昧なのですが、問い詰められる事は無かったです(問い詰められたのは別の機会でした^^;)
家に1人の時は本当の自分になれた気がしてとても幸せな時間です。

「お着物」「振袖」「ドレス」などの言葉は私も興奮してしまいます。まさか、私の他にもその様な方がいるとは…嬉しいです。

また、フォーマル女装のお話はいくらでもあるのでまた機会があればお話したいと思います。

初めまして

麻維さん
お受験スーツいいですね。
いつかゲットしたいです。よろしくお願いします。

コメントの投稿

非公開コメント

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。